ホーム >> 最新カナダ観光情報 >> 

カナダ旅の便利情報 飲酒、喫煙、タクシー、レンタカー

飲酒

ケベック州を除くカナダ全国では、タバコほどではありませんが、お酒に関しても厳しい規制があり、 日本のように自動販売機などで簡単に買い求めることはできません。

一般的に酒類の販売はリカー・ストアと呼ばれる酒店に限られ、ブリティッシュ・コロンビア州などでは リカー・ストアが州営のため週末の営業が限られていることもあります。その他、 コールドショップやワインショップといわれる小規模な酒店もあり、こうしたところでワインや ビールなどは買い求めることができます。

ケベック州では、アルコールに対して比較的寛容な政策を取っているため、 スーパーやコンビニでも購入することができます。

喫煙

カナダではほとんどの都市でかなり厳しい制限をしています。基本的に建物の中は指定された 場所以外での喫煙は認められておらず、違反者には罰金が課せられます。
また、都市によっては屋外での喫煙にも規制がある場合があり、建物出入り口の何メートル以内は 禁煙といった条例がある都市もあります。

一般的に禁煙マークのある所は言うまでもありませんが、灰皿の置いてない所での喫煙は できないものと心得ておいてください。

近年は全館禁煙としているホテルが増えてきました。また、喫煙可能な部屋があるホテルでも、 部屋の眺望が限れていたりするなど、一般の部屋に比べて条件の悪い部屋が 指定されるケースも多々あります。

タクシ―

日本で指すところの流しのタクシーといったものは一般的ではなく、電話で呼ぶ方法が主流です。 但し乗降客の多い駅前や空港、ホテルの前にタクシー乗り場があり、空車があります。 また、ホテルの場合はベルボ―イに頼めばすぐに呼んでくれます。

レストランやショッビング時などの場合はウェイターやレジの人にも頼めます。 料金はメーター制、チップはメ―タ―料金の10-15%が相場です。

レンタ力ー

日本の免許証と国際免許証とクレジットカードがあれば、レンタカーを借りることができます。 左ハンドル、右側通行ですから、右折左折の時は充分な注意を払って安全運転を心掛けて下さい。

道路標識は基本的にほとんど日本と同じですが、ー旦停止の標識は日本が国際基準と異なっており、 こちらでは八角形。逆三角形の標識は前方優先道路の意味ですから間違えないように。 またシートベルトはお忘れなく。違反者には、スビード違反などと同様の高額の罰金が課せられます。