ホーム >> 最新カナダ観光情報 >> カナダ各地の観光情報 >> 

ハリファックスとノバスコシア、ニューブランズウィックの基本情報

ハリファックスとノバスコシア、ニューブランズウィックの基本情報

ハリファックスは英国植民地時代に築かれ、 この地域としては重要な不凍港としての条件を備えていたため、軍事的にも重要視され、 その昔からアトランティックカナダ最大の都市として、知られていた。
シタデルなどにその面影が残る現在もカナダだけでなく、ヨーロッパとも海を挟んで緊密な関係にあり、 交通の要所として知られている。

アトランティックカナダの玄関口として、観光のベースになる街でもあり、 プリンスエドワード島はもとより、世界遺産に指定されているルーネンバーグへと続くライトハウスルート、北米最高の景観を誇るとも言われる カボットトレイル、お隣の州のニューブランズウィックにある干満の差が15m以上にもなる ホープウェルロックスなど、見るべき場所は多い。
また、ハリファックスそのものも見るべきポイントは多く、前述の歴史的な要塞シタデルを始め、 タイタニックゆかりの場所として知られる海洋博物館など、時間が許す限り、立寄ってみたい場所だ。

ハリファックスへのアクセス

フライト、VIA鉄道などで、カナダ東部各都市からアクセス可能。

  • エアカナダ
    トロントやモントリオール、バンクーバーなどの主要都市からの定期便を運航している。 数が少ないため、モントリオール経由でのアクセスが一般的。
    日本からはトロントまたはバンクーバー経由で、同日到着が可能。
  • VIA鉄道
    モントリオールからの夜行列車「オーシャン号」にてアクセス可能。
    モントリオールを18:30に出発し、ケベック郊外のシャーニー駅を22:07、モンクトン11:44着、 終点ハリファックスに16:20到着というスケジュールで、火曜日以外の週6本が運行されている。
    車輌はコンフォートクラスと呼ばれる座席車からイータリークラスと呼ばれる開放寝台、個室寝台まで 予算に合わせたクラスが選択できる。イータリークラスにはラウンジへのアクセス権や乗車中の 食堂車での食事が含まれる。

空港からダウンタウンへのアクセス

エアポートリムジンやタクシーでアクセス可能。

  • リムジンバス
    ハリファックス空港と市内各ホテルを結んでいる。
    料金:$22.00(12歳以下で大人同伴は無料)
    所要:25分〜1時間10分(ホテルによる)
  • タクシー
    市内中心までの料金は固定されており、一律$63.00。空港では空車がいるので、つかまえるのは簡単だ。

気候

降水量(mm)
1月 -10.7 -1.2 100.6
2月 -10.2 -1.1 69
3月 -5.8 3 96.4
4月 -0.5 8.4 96.1
5月 4.5 15 106.2
6月 9.6 20.3 98.3
7月 13.5 23.6 102.2
8月 13.5 23.3 92.7
9月 9.3 18.8 103.6
10月 3.8 12.7 126.4
11月 -0.7 6.9 133
12月 -7.1 1.4 114.5

現在の天気

時差

適用時間帯(日本語) 適用時間帯(英語) 夏(3月第一日曜以降) 冬(10月最後の日曜以降)
大西洋時間 AT(Atlantic Time) -12時間 -13時間

交通事情

見所はダウンタウン近辺に集中しているため、あまりバスに乗る機会はないが、市バスや対岸のダートマスへの 連絡線などが市民の足だ。

  • 市バス、連絡線(Metro Transit
    ハリファックスと隣町のダートマスを中心に路線網を持つ。料金は初乗り$2.50で、連絡線にも乗り換え可能。 他の町と同様に、バスに釣銭はないので、料金ちょうどをあらかじめ用意する必要がある。