ホーム >> 最新カナダ観光情報 >> カナダ各地の観光情報 >> 

ケベックシティーの基本情報

ケベックシティーの基本情報

北米唯一の城塞都市にして、 世界遺産にも指定されているカナダ東部随一の観光ポイント。
フランス統治時代の面影が色濃く残る街並には北米の雰囲気は微塵も感じられず、 中世ヨーロッパ的な佇まいを見せている。

この街の象徴は崖の上に聳え立つシャトーフロントナック。 ここからセントローレンス河沿いの遊歩道や崖の下にある北米最古の商店街 「プチ・シャンプラン」などの散策も楽しめる。

郊外に足を伸ばせば、豊富な水量で迫力十分なモンモランシーの滝、 セントローレンス河に浮かぶ小島オルレアン島、 ホエールウォッチングも楽しめる新たなリゾートシャルルボアなど、見所は数え切れない。

オルレアン島を始め、郊外にあるシュガーシャックでは本場のメープルシロップを是非味わいたい

ケベックへのアクセス

フライト、VIA鉄道、長距離バスなどで、カナダ東部各都市からアクセス可能。

  • エアカナダ
    トロントやモントリオールなどの主要都市からの定期便を運航している。但し、トロントからの直行便は 数が少ないため、モントリオール経由でのアクセスが一般的。
    日本からはトロント経由で、同日到着が可能。
  • VIA鉄道
    モントリオールからの中距離列車(コリドー号)にてアクセス可能。モントリオールからは 1日3〜4本が運行されており、所要時間約3時間。
  • オルレアンエキスプレス
    ケベック〜モントリオール間の定期バスを1日20本ほど運行している。 所要3時間15分で、料金は大人$49.40、子供(5歳〜12歳)$29.65、幼児$5.00。(いずれも税別)

空港からダウンタウンへのアクセス

最寄空港はケベック空港。車で約40分の距離。

  • タクシー
    空港から市内への移動手段はタクシーしかなく、リムジンバスなどはありません。また、 タクシーの台数も非常に少なく、フライト到着後は一気に空車がなくなり、次のタクシーが来るまで 待たされることもしばしばです。
    市内までの料金は$30.00〜$35.00といったところ。

駅、バスターミナルからダウンタウンへのアクセス

最寄はケベック・パレ駅で、車で約5分の距離。バスターミナルを併設しており、モントリオールからの バスも発着する。荷物がなければ、ダウンタウンから徒歩でのアクセスも可能。(約20分)

  • タクシー
    ここも空港と同じく、タクシー以外に方法がない。料金は$10.00程度。

気候

降水量(mm)
1月 -17.6 -7.9 26.1
2月 -16 -6.1 12.6
3月 -9.4 0.1 39
4月 -1.3 7.8 59.5
5月 5.3 17.1 105.5
6月 10.6 22.2 114.2
7月 13.4 25 127.8
8月 12.4 23.4 116.7
9月 7.2 17.4 125.5
10月 1.7 10.7 99.5
11月 -4.3 2.9 67.9
12月 -13.2 -4.8 29.5

現在の天気

時差

適用時間帯(日本語) 適用時間帯(英語) 夏(3月第一日曜以降) 冬(10月最後の日曜以降)
東部時間 ET(Eastern Time) -12時間 -13時間

交通事情

ケベックは世界遺産に指定されている城壁内の旧市街と、グランダレ通りやサンジャン通りなどの城壁外に 分けられるが、殆どの場所が歩いてアクセス可能なので、あまり市バスに乗って移動することもない。

  • 市バス(RTC ケベック市交通局)※仏語のみ
    一般の観光ではあまり利用するケースはないが、隣町のサンフォアに宿泊した場合や、 逆にサンフォア市内のショッピングモールに出かけるような場合には便利。料金は$3.25。
  • フニキュレール
    シャトーフロントナック横のダルム広場からプチシャンプレーンへのケーブルカー(斜行エレベーター?)。
    斜度45度以上の急斜面もあっという間。
    料金(片道): 大人、子供ともに$2.25
  • セントローレンス河フェリー
    対岸のLevisまでのフェリー。対岸に特に見るべきものはないが、川面から眺めるケベックの街、特に夜景は 秀逸である。乗船時に往復チケットを買って、そのまま往復して、クルーズ気分を味わうのがお勧め。
    料金(片道):大人$3.50、子供$2.35(5歳〜11歳)