ホーム >> 最新カナダ観光情報 >> カナダ各地の観光情報 >> 

モントリオールの基本情報

モントリオールの基本情報

フランス語が話される街としては、パリに次いで世界で2番目に大きいのが、 このモントリオール。

カナダ東部を流れる大河、セントローレンス河の中州にあるこの街は、 17世紀にフランスの植民地の中心として栄え始めたように、歴史的建造物も多く、 旧市街にその面影を見ることができる。
また、コミュニティーの中心として教会も数多くあり、ノートルダム大聖堂やセントジョセフ礼拝堂は 観光ポイントしても必見である。

一方では、トロントに次いでカナダで2番目に大きな都市として、 北米でも最大級の地下街を擁している。フランス文化が色濃く残るこの街では、 街行く人々のファッションセンスも抜群。センスの良い品々を眺めながら、 季節天気を問わずショッピングが楽しみたい。

モントリオールへのアクセス

フライト、VIA鉄道、長距離バスなどで、カナダ東部各都市からアクセス可能。

  • エアカナダ
    トロントやバンクーバー、オタワ、ケベックなどの主要都市からの定期便を運航している。 日本からはトロントまたはバンクーバー経由で、同日到着が可能。
  • VIA鉄道
    トロントやオタワ、ケベックからの中距離列車(コリドー号)にてアクセス可能。オタワからは 1日4〜5本が運行されており、所要時間2時間弱。トロントからはキングストン経由で、1日5〜7本が 運行されており、最速のもので所要4時間30分。
  • グレイハウンド
    トロントやオタワなどの主要都市からの定期便を運行している。 トロントからは所要8時間から12時間。オタワからは最速のもので所要2時間20分。

空港からダウンタウンへのアクセス

  • STM747エクスプレス
    STMと呼ばれるモントリオールの市バスが24時間運行のエクスプレスバスを運行している。 市内では8箇所のバス停があり、主要なホテルと地下鉄へのアクセスを確保しているが、リムジンバスのようにホテルの正面には到着しないので、注意が必要。
    料金:大人・子供均一$10.00
    所要時間:約30分(下車場所により多少異なる)
  • タクシー
    空港からダウンタウンまでは規定料金があり、非常に分かりやすい。
    料金:$40.00(チップ別)

VIA鉄道駅からダウンタウンへのアクセス

モントリオールのセントラル駅はダウンタウンの中心、フェアモントクイーンエリザベスホテルの 地下という、非常にアクセスしやすい場所にある。
ケベックやトロント、オタワなどから到着するVIA鉄道コリドー号は全てこの駅に発着する。
地下鉄で移動するならオレンジラインのボナベンチャー駅が最寄駅となる。

バスターミナルからダウンタウンへのアクセス

ダウンタウンの東側にあり、周辺の治安はあまり良くない。 この街に限らず、どの街でもバスターミナル近辺は治安が良くないので、女性の一人旅などでは 注意が必要。地下鉄の最寄駅はオレンジ、イエロー、グリーンの各ラインが交差するベリー・ウカン駅が 最寄駅となる。

気候

降水量(mm)
1月 -17 -7 35.2
2月 -15 -4.6 20.9
3月 -8.3 1.5 35.9
4月 -0.1 10.7 72.3
5月 6.2 18.8 79.1
6月 10.9 23.1 99.7
7月 13.6 25.5 96.8
8月 12.4 24.2 97.3
9月 7.3 19 94.5
10月 1.7 12.1 85
11月 -3.6 4.5 76.3
12月 -12.7 -3.6 32.9

現在の天気

時差

適用時間帯(日本語) 適用時間帯(英語) 夏(3月第一日曜以降) 冬(10月最後の日曜以降)
東部時間 ET(Eastern Time) -12時間 -13時間

交通事情

公共交通機関を中心とした市内の移動手段の紹介。

  • モントリオール市交通局(STM)
    モントリオール市内と周辺地域に路線網を持ち、市バスと地下鉄の運営を行っている。
    特にこの街の移動に欠かせないのが地下鉄。路線は色で名前が付けられ、オレンジ、グリーン、イエロー、 ブルーの4路線がある。 (地下鉄の路線図) 特にダウンタウンを横断するグリーンとオレンジを上手く乗りこなしたい。

    料金は市バスと合わせ、均一料金$3.25(子供6歳から11歳$2.25)で、地下鉄の場合、 改札にいる駅員にお金を払って切符を買う。
    バスの場合、釣銭を持ち合わせていないので、ちょうどの料金を予め用意する必要がある。